お色直し 2020/07/31|ウェディングドレスのレンタルなら人気ドレスショップのトップウェディング TOP WEDDING BLOG

資料ご請求はコチラ

ウェディングドレス レンタル TOP WEDDING > スタッフブログ > お色直し 2020/07/31

お色直し 2020/07/31

皆様、こんばんは。トップウェディングです。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

さて、本日ご紹介するのは『お色直し』について。

皆様もお色直しと言えば、披露宴の途中に新郎新婦がお着替えして再入場される

セレモニーということはご存知の方も多いと思います。

/home/users/0/kilo.jp topwedding/web/blog/wp content/uploads/wedding 200615 0y0a0135

では、どうしてお色直しをするのでしょうか?実はお色直しは深い意味が込められているのです。

 

本来のお色直しとは、新婦様が白無垢から色打掛に着替えることをいい、

そして、「相手の家に染まる」という意味が込められています。

/home/users/0/kilo.jp topwedding/web/blog/wp content/uploads/wedding 190205 img 0230

諸説は沢山あるそうですが、室町時代の結婚式は白無垢を三日間着続け、

四日目に始めて色打掛を着て新郎のお家へご挨拶をするのが一般的な習慣でした。

これにより晴れて相手の家に染まったということで嫁入りが認められたのです。

 

その習慣が今では、簡略化され結婚式の途中でお色直しをするようになりました。

/home/users/0/kilo.jp topwedding/web/blog/wp content/uploads/wedding 180222 0y0a1610

そして、お色直しをするのは日本独特の文化であるのはご存知ですが?

基本的に欧米等ではお色直しの習慣が無く、結婚式の1日をウェディングドレスで過ごします。

 

海外ではお色直しをされない為、日本の様にドレスのレンタルは少なく、

1日中着ているウェディングドレスをオーダーや手作りされるのが一般的です。

 

一昔前のバブル時代ごろは前撮り等の習慣も無く、当日に何度もお色直しをして、

ウェディング・カラードレス・白無垢・色打掛と4回も中座をしていた頃もありますが

今では、ゲストとの時間を大切にしたいのでお色直しはしないというお声もよくお聞きします。

 

/home/users/0/kilo.jp topwedding/web/blog/wp content/uploads/wedding 171107 0001

時代の流れの変化に合わせ、結婚式もどんどん変わってきています。

ウェディングドレス→ウェディングドレスのお色直しも素敵だと思います。

10組あれば、10組それぞれ違った結婚式のストーリーがあります。

 

今回のお色直しのお話が少しでも皆様の参考になればと思います。

 

 

 

 

 

ウェディングドレスレンタル TOP WEDDING
1 / 11